今年の冬も冷え対策は万全

おんかつ日和

筋肉が少ないせいか、年中冷え性で、年々冷えが増している気がするので、今年の冬も冷え対策は万全にしていきたいです。
身体が冷えると免疫力が落ち、風邪やインフルエンザに感染しやすくなり、病気の元にもなってしまうので、気をつけたいものです。

平熱が1度でも上がると免疫力も上がるので、頑張って体温を上げていきましょう。
それでは、冷え対策をいくつかご紹介します。
まず、食事の面では、積極的に根菜類を摂るようにします。

根菜とは、土より下に生えてる野菜のことで、人参、ごぼう、レンコン、芋類、生姜、カブなどです。これらを食べると体が温まりやすくなります。
特に生姜は体を温める食材として有名ですよね。生姜をこまめに摂るために、毎回摩り下ろすとなると続かないと思うので、チューブの生姜を常備して、スープや炒め物、うどんなど普段の料理にさっと入れたり、生姜氷を作り置きしておいて、ココアなどの飲み物にポンと入れたりと、手軽に摂れるようにすると良いと思います。

<洋服について>
冬といえば、ヒートテックは多くの方が着ていると思います。ヒートテックも年々進化していて、極暖ヒートテックがとても暖かいです。
ふつうのヒートテックしか持っていない方は極暖を新しく購入することをオススメします。体は、クビがつく部分を温めると良いと言われています。
首、手首、足首、クビレ(お腹)です。薄着をしていても、この部分を温めると、暖かく感じるので、意識的に温めましょう。

<ホッカイロについて>
背中と、お腹に貼るのがオススメです。背中は肩甲骨と肩甲骨の間に、痩せやすい筋肉があるので、そこを温めると、ダイエットにも繋がるので一石二鳥です。
お腹は、へその下辺りの丹田と呼ばれる部分を温めるのをオススメします。

<入浴について>
お風呂はシャワーで済ませてしまわずに、湯船につかるようにすると良いです。
時間がないときは5分でもつかるようにすることをおすすめします。
寒いと肩や全身の筋肉が凝りやすくなるので、お風呂で体を温めて、日頃の疲れを一緒にとってしまいましょう。

<体を動かすこと>
寒いとなかなか体を動かしたくないと思いますが、体を動かすと血流が良くなり、ポカポカしてきます。
筋肉がつけば体が冷えにくくなると思うので、短い時間でも運動することをオススメします。
体温を上げて健康的な体を目指しましょう。

以上の冷え対策に加えてサプリメントを飲めば万全です。
そこでオススメしたいのが、健康家族のおんかつ日和です。
おんかつ日和は、無農薬のニンニクと生姜のポカポカ成分で、体の芯から温めてくれるサプリメントです。