飲みやすく栄養分をたっぷり摂取できるえがおの青汁

えがおの青汁

えがおの青汁は、飲みやすいことから高い人気があります。
一般的に青汁は、植物の葉や茎などから作られています。
葉や茎には、植物が成長するための多くの栄養分が流れています。

そのためそれから作られた青汁は、栄養価が非常に高いのですが、しかしだからこそ渋味もあります。
そして、その渋味によりスムーズに飲むことができないという人も多くいます。
しかしえがおの青汁は、風味に工夫を凝らして作られています。

具体的には、栄養価が高いにもかかわらず渋味の少ない大麦若葉を、主な原料として使っているのです。
しかも、とりわけ自然が豊かで土壌の質の良い、九州南部の一部の地域で栽培された大麦若葉が、厳選された上で使われています。

そのため栄養価が高いのはもちろん、安全性も高いのです。
さらにえがおの青汁には、抹茶も加えてあります。抹茶には爽やかな風味がありますし、それでいてビタミン類や鉄分などの栄養分も多く含まれています。

こういった工夫によりえがおの青汁は、栄養分をたっぷりと摂取できる上に飲みやすい青汁として注目されています。
まろやかな味わいなので、野菜が苦手な子供でも飲むことができます。

また、粉末状ですから、水に限らず牛乳や、あるいはヨーグルトなどの食べ物にも混ぜることが可能です。
さらには、食材と混ぜて調理することも可能となっています。

このようにえがおの青汁は、工夫次第でさらに味わいやすくすることができるのです。
そのため数ある青汁の中でも、特によく選ばれています。