1日1g以上のdhaの摂取を推奨

dhaはドコサヘキサエン酸の略称で、ヒトの体内で作ることのできない必須脂肪酸です。
健康的な生活を送るには必要不可欠な栄養素でありながら、体内で作ることができないので、食べ物などから積極的に摂取する必要があります。

dhaはイワシ、サバ、マグロ、カツオなどの青魚に多く含まれます。
dhaは体の中の代謝の過程で活躍していて、固まりにくい性質をもっています。
その為dhaが体内で多く働いていると、血液の粘度を下げ血行がよくなる為、動脈硬化や心筋梗塞に効果がみられます。

またdhaには脳を活性化する効能があるといわれています。
学習能力、記憶力の向上、視力低下、認知症に効果があるといわれています。ちょっとした物忘れには明確な効果が確認されています。

さらに目の網膜に健康効果があるともいわれ、視力低下にも効果がみられます。
今注目されているのが、精神安定に関する効能で、特に強いストレスに対して落ち着きを持たせる効果がみられます。

その為、うつ病などメンタル面に対する研究も進められておりその効能が期待されています。
こうした効果・効能から、厚生労働省では、18歳以上の男女に1日1g以上のdhaの摂取を推奨しています。

サトウ 美健知箋EPA&DHA

美健知箋EPA&DHA 公式サイト
 
 

dhaの効果・効能について

dhaの効果・効能については、血中の中性脂肪やコレステロールの量を調整する働きがあります。
血液中の悪玉コレステロールを減らして、善玉コレステロールを増やすというわけです。

また、血液をサラサラにする健康効果のほかに、脳の機能を向上させたり、抗うつ作用があるといわれています。
最近の研究では、物忘れを訴える高齢者にdhaを連続摂取してもらったところ、即時記憶と集中力の向上に効果があったと報告されています。

dhaは、魚類や植物油に多く含まれており、常温では液状で存在しています。
不飽和脂肪酸のひとつであるdhaは、主に青魚に含まれており成分であり、脂質ですので、さんまやさば、いわしなど、いわゆる油ののった青魚に、特に豊富に含まれています。

しかし、不飽和脂肪酸は、酸化しやすいという特徴があります。
ゆえに、サプリメントとしてdhaを購入する場合には、酸化したトランス脂肪酸がない成分を選ぶようにしましょう。

dhaのサプリメントを飲むタイミングについては、dhaは脂溶性のビタミンと同様に、胃で食物の脂肪分が消化される時に、その消化の助けを借りることで、吸収されやすくなります。
ゆえに、空腹時に飲むことは避け、より効果・効能を実感するためには、食後に飲むことをおすすめします。

きなり
きなり さくらの森の公式サイトはこちら